農業共済で使われる主な用語

農業共済制度の中には、契約に絡むさまざまな約束ごとや、決まりを表した農業共済独自の用語があります。NOSAI東京に関する各事業に共通する主なものを説明します。

用 語 説    明
共済関係 加入者と共済組合との間で結ばれる共済に関する権利義務の関係です。共済関係の成立により、加入者は一定の約束で支払を受ける権利を持つ一方、共済掛金の払込みの義務、その他通常の肥培管理、異動通知等を行う義務が生じます。
共済目的 共済が補償を行う対象となるものです。
共済価額 共済事業を行う立場から、共済事故が発生して、加入者が被ることのある損害の最高限度額を、時価額等を基礎に表現した金額です。
共済金額 共済事故による損害が生じたとき、支払う共済金の最高責任限度額です。
付保割合 共済価額に対する補償割合のことで、農産物共済では7割、畑作物(蚕繭)共済では8割と定められています。又、家畜共済では最低2割から最高8割の範囲で、果樹共済では最低4割から最高8割の範囲で加入者の方が選択できるもので、付保割合が高いほど補償は大きくなります。
基準収穫量
基準収繭量
農作物共済、畑作物(蚕繭)共済、果樹共済において、損害額や共済掛金の算出の基礎となる収量で、いわば「平年」収量に相当する収量のことです。
引受収量 農作物共済では、基準収穫量の7割、畑作物(蚕繭)共済では、基準収繭量の8割に相当する収量のことで、共済掛金等の算出をする基礎となります。
共済掛金 共済金を支払う準備財源として、あらかじめ加入者から頂くお金のことで、一般には共済金額共済掛金率を乗じた額が共済掛金となります。
共済掛金率 加入者が負担する掛金額を算出する基礎となるもので、過去の一定期間における被害率を基に定められています。
共済責任期間 共済事故の発生に関して、共済組合が共済金の支払責任を持つことになる期間のことで、共済によって補償される期間をいいます。
共済金 加入者が、共済責任期間内に発生した共済事故によって、損害を受けたとき、被害の程度に応じてそれを補てんするために、支払われるお金で、保険金に相当するものです。
共済減収量 共済金支払いの対象となる減収量のことで、引受収量から実収量を差し引いたものです。
共済事故 共済組合が共済金の支払義務を負うことになる事故です。共済事故となるものはその発生が予期できず、また、これを避けることが困難なものでなければなりません。
当然加入 農作物共済、畑作物(蚕繭)共済の経営規模が一定基準を超える農業者に対して国が法によって当然加入を定めていることをいいます。
義務加入 共済組合の条例によって加入が義務づけられていることをいいます。
任意加入 農家の意思で、共済に加入申込みのできることをいいます。