平成27年度
気象情報について

組合からのお知らせに戻る

異常天候早期警戒情報について
 平成27年4月2日、気象庁より異常天候早期警戒情報が発表されました。
 今回の検討対象期間である4月7日から4月16日までの間は関東甲信地方でかなりの低温が予想されるとのことで、農作物の管理に注意願います。
 最新の状況につきましては、気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jp/soukei/)でご確認ください。

 野菜や花きについては、露地ものにおいては被覆や光環境、また温度管理の適正化に努め、施設においては室温の確保をお願いいたします。

 

○水稲
 早期栽培を行っている地域等で、既に育苗中の苗については、気温の変化に留意し、育苗ハウスの加温や育苗箱の被覆等苗の生育に合わせた温度管理を徹底し、健苗育成に努めてください。移植作業については、活着適温に配慮し、気温及び水温が上昇してから作業を行ってください。
○麦
 出穂後の開花期が赤カビ病の防除適期となりますが、低温により例年より出穂・開花が遅れたり、不斉一となることが予想されるため、ほ場の見回り等により適期防除に努めてください。

○果樹
 梨の開花も進んでおりますが、受粉作業は暖かい日に丁寧に行ってください。なお、低温となる確率が下がった場合でも、引き続き最新情報に注意願います。



このページのトップに戻る
  組合からのお知らせに戻る