ホーム  農作物共済  家畜共済  果樹共済
   園芸施設共済  建物共済   農機具共済
 
    加入基準は
  ○ 下記の基準に該当するものについては、申出により加入することができます。
  @ 乳牛の雌等
   ・成乳牛   ───── 出生後14ヶ月から
   ・育成乳牛  ───── 出生後 6ヶ月から13ヶ月 まで
   ・乳用子牛等 ───── 出生後 5ヶ月までの乳牛の雌子牛
                 出生後 5ヶ月までの乳牛の雌牛以外の
                     自家産の子牛(乳雄子牛・F1等)
                授精等後 240日からの胎児

  A 肉用牛等
   ・肥育用成牛 ──── 出生後 6ヶ月から
   ・肥育用子牛 ──── 出生後 5ヶ月まで
   ・その他の肉用成牛 ─ 出生後 6ヶ月からの繁殖雌牛
   ・その他の肉用子牛等 ─ 出生後 5ヶ月までの子牛
                授精等後 240日からの胎児

  B 一 般 馬  ──── 明け2才から

  C 種   豚  ──── 出生後6ヶ月から

  D 肉   豚  ──── 出生後20日(離乳した日)又は導入した日から
 

    補償期間は
  ○ 共済掛金をお支払いいただいた翌日から1年間です。
  ( 肉豚の群単位引受方式の場合は、出生後8ヶ月間です。 )
 

    掛金は
  □共済掛金の国庫負担
○ 共済掛金は、国と加入者で負担しますが、家畜の種類によって国が負担する
  割合が異なり、牛の場合5割、豚の場合4割を国が負担します。
 

    対象となる被害は
  ○ 死亡・廃用・病気やケガ・自然災害・火災・盗難・伝染病などです。
  (牛の胎児及び肉豚にあっては死亡のみ)
 

    共済金の支払いは
 

@ 死廃事故
 ・死亡や廃用の場合は、事故家畜の評価額に対する付保割合で補償されます。
   (注)過去の被害率が、一定の基準を上回る農家に対しては共済金の支払限度が設定
     されます。
    ※ 付保割合(補償する割合)は、加入するときに選択します。

A 病傷事故
 ・病気やケガをして、獣医師に診てもらう場合、獣医師の診断書を基に治療
  した経費を国の定める「病傷給付限度額」まで無料で診療が受けられます。
   (注)限度額を超えた経費と初診料は、加入者の負担となります。

 
ホーム トップ
東京都農業共済組合
  〒184-0004 東京都小金井市本町6-9-35
  電話 / 042-381-7111 Fax / 042-384-9196