ホーム  農作物共済  家畜共済  果樹共済
   園芸施設共済  建物共済   農機具共済
 
    加入基準は
  ○ 結果樹面積が下表の類区分ごとに基準に該当するものについては、申出に
  より加入することができます。
  ・類区分ごとの 結果樹面積 の合計が5a以上
   (注)類区分ごとの結果樹面積は5年生以上を対象としています。
 
共済目的の種類区分 細区分及び細区分に属する品種
なし 1類(早生) 1群 幸水、多摩
2群 新水、新世紀、長寿、愛甘水、筑水
2類(中生) 1群 稲城
2群 豊水、廿世紀、あきづき
3群 新星、清玉、秀玉、菊水、長十郎
3類(晩生) 1群 新高
2群 晩三吉、愛宕、新興

    補償期間は
 

○ 引受方式は2種類あります。方式区分によって補償期間が異なります。

方式区分       今年       来年
10 11 12 10 11 12
一般方式

花芽の形成期から当該花芽に係わる果実の収穫をするに至るまでの期間(約1年6ヶ月)

             
       花芽の形成期               収穫期
短縮方式 発芽期から当該発芽期の属する年の果実の収穫をするに至るまでの期間(約8ヶ月)
                   
    発芽期     収穫期      発芽期     収穫期

    (注)一般方式で共済に新規加入された場合は、引受年に収穫する果実は対象に       なりません。

 

    掛金は
  加入者の選択性による加入方式
○ 付保割合(補償する割合)は7割補償から4割補償の間で選択できます。
  (いずれも3割以上の被害から支払の対象となりますが、共済金額(補償金額)が
   変わります。)
 
  共済掛金の国庫負担
○ 共済掛金は、国と加入者で負担しますが、国の負担する割合は5割です。
 

    対象となる被害は
 

○ 風水害、干害、ひょう害、冷害、凍霜害、暖冬害、寒害、雪害、雨害湿潤害
  、冷湿害、土壌湿潤害、地震害、雷害、噴火の害、地すべりの害、火災、病
  虫害、鳥獣害、その他の気象上の原因による災害等

 

    被害を受けた時は
 

○ 類区分ごとに、一定割合(3割)を超える被害が生じた場合、共済金支払の
  対象になりますので、減収が見込まれるときは農業共済組合にお知らせ下さ
  い。損害評価(被害の調査)を行います。

 

    共済金の支払いは
 

@ 被害認定の基準は、農家ごと・類区分ごとに全園地の減収量の合計が基準収
  穫量の3割を超えた場合、基準収穫量の3割を超える減収分から共済金が支
  払われます。

A 補償される金額(支払共済金)は、類区分ごとに
  ( 基準収穫量 − 実収穫量 ) ÷ 基準収穫量 = 損害割合
  損害割合 に対する 支払割合 × 共済金額 = 支払共済金

   ※ 共済金額補償の限度額(加入の際、選択した付保割合に基づく金額)。
     共済金支払割合は、下記(抜粋)のとおり定められています。

 
損害割合 10% 20% 31% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100%
支払割合 0% 0% 1% 14% 29% 43% 57% 71% 86% 100%
ホーム
東京都農業共済組合
  〒184-0004 東京都小金井市本町6-9-35
  電話 / 042-381-7111 Fax / 042-384-9196